スポンサードリンク

2015年02月25日

60代の父親への誕生日プレゼント

父親へのプレゼントの平均予算は、だいたい5000円から1万円と言う人が多いようです。
60代ですので、自分が本当に欲しいものはすでに買って持っている場合が多いですよね。
でも自分で買うものと人にもらって嬉しいものは、似ているようで少し違うようです。

60代の父親が、息子か娘からもらってうれしいものは、「普段着または仕事着」、「趣味の物」、「健康グッズ」だそうです。
「健康グッズ」はあまり説明もいらないかもしれませんが、まあ父親の体調に合わせたものを贈ると言ったところでしょう。
「普段着または仕事着」は父親がまだ仕事をしているか、リタイヤしているかでどちらを選ぶか変わってきます。
普段着はなかなか自分で買わない人が多いようですね。奥さんが買ってきたものをそのまま着ているというパターンの父親ならば、たまに若い娘が選んでくれたものは嬉しいでしょう。カーデガン、フリース、セーターなどですかね。
仕事着としてはネクタイ、ワイシャツ、ベルトなど人気のようです。

「趣味の物」は父親によって様々です。ゴルフが趣味ならゴルフウェア、釣りが趣味なら釣りグッズ、お酒が好きならワインとか…。60代の男性の趣味は多岐にわたりますが、自分の父親の趣味ならみなさんわかりますよね。でも結構こだわりが強い人が多いのでよく調べてから贈りましょう。

お父さんには、なかなか感謝の気持ちを伝える機会も少ないと思いますが、是非メッセージカードを添えて贈るとプレゼントの喜びも倍増するようですよ。


posted by みどりちゃん at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

60代以上の母親にプレゼントを贈る

人間60代以上ともなれば、本当に欲しいものは自分で買ってしまっているでしょう。
そんなに高価な誕生日プレゼントでなくても、自分の子供がくれたものですから嬉しいはずです。
逆に高価すぎるプレゼントを毎年贈ることは、経済状態を心配させてしまう可能性もあります。相場としては1万円以下で選ぶ人が多いようです。
ただし還暦祝いの場合は少し高めになるようです。
また兄弟で協力して少し豪華にするという人も多いようです。

60代以上の母親が喜ぶ誕生日プレゼントは、「健康・癒しグッズ」、「家電」、「日帰り温泉旅行」がベスト3とのことです。

「健康・癒しグッズ」は、ツボ押しグッズとか腰痛用クッション、ハンドクリームなどでしょうか。このぐらいの年齢になると、体の不調も多いもの。どのへんが悪いかとか気になるとかわかれば、喜ばれるものも見つかるでしょう。低価格すぎる場合は、お花やメッセージカードを添えると良いですね。

「家電」は多岐にわたりますが、特に人気の高いものは「デジタルフォトフレーム」。
操作があまり難しくないもののほうが喜ばれます。
また「健康・癒しグッズ」とも重なりますが、足つぼマッサージ機やエアリーシェイプみたいなものもグッドです。

「日帰り温泉旅行」はなるべく移動が楽なところにしましょう。
もちろん一泊でも良いのですが、それぞれの予定もあるので打ち合わせが必要になります。

まあ、良く知っている母親の誕生日プレゼントですから、人気アイテムにこだわらずに選ぶことも必要かもしれませんよね。

posted by みどりちゃん at 11:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

還暦祝いに旅行をプレゼントしたい

自分を育ててくれた両親。
毎年誕生日プレゼントをあげている人も、そうでない人も、還暦祝いとなればいつもよりも、気合が入るというもの。
感謝の気持ちがこもっていれば、親としては何でも嬉しいものでしょうが、特に60代の人たちに人気の高いプレゼントは、「旅行」とのこと。

でも旅行ってどうやってプレゼントしたらいいのでしょう?

いちば簡単なのは、「旅行券」をプレゼントすること。
両親が好きな時に使えるので、予定がわからなくても気にせず贈れます。また使い方も金額以内なら自由だし、旅行会社によっては、旅行券自体にメッセージを入れることも出来るようです。
ただし「旅行券」の場合はどうしても値段が相手にわかってしまうので、その点がウィークポイントかもしれませんね。

親の予定がわかっている場合は、その日程でツアーなどを申し込みましょう。
支払いを全て事前に済ませるか、あるいは支払いをすべて自分の方にまわしてもらう方法もあるそうです。

ちょっと安上がりで、予定もあわせてもらいやすいのが「日帰り温泉バスツアー」。
日帰りなので、1日だけ予定を空けてもらうだけなので、行く方もとても楽です。しかも移動がバスに乗っているだけなので楽ですよね。
近場になると思いますが、かなりいろんな種類があり選ぶ方もたのしいでしょう。

旅行の値段を知られたくない人は、ネットで「カタログギフト、旅行」で検索してみましょう。
ギフト用の旅行商品がいっぱい出てきますよ。
ただし往復の交通費は入っていない商品がほとんどかもしれませんが。

なかなか値段を全部隠すことは難しいようです。でも隠しても思慮深いひとなら
「だいたいこのくらいかな?」って具合にわかっちゃいますけどね。
そんなことよりいかに楽しんでもらうかが大切なのかもしれませんね。
posted by みどりちゃん at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。